お金を借りる方法!初めてでも安心なキャッシングガイド

初めてでも安心して借りられる

お金を借りるのは、なかなか勇気のいることです。少額であれば家族から借りることもできるでしょうが、大きな金額になるとそうも行きません。そこで候補として上がるのが、銀行や消費者金融といった金融機関です。

 

初めての利用だと不安になることも多くありますが、大手の金融会社は信用度も高く、オペレーターの対応もしっかりしており、分からないことや問題が発生しても相談に乗ってくれるので、安心して利用することができます。

 

金融会社でお金を借りる場合、一定の条件を満たしていなければなりませんが、ほとんどの場合、満20歳以上で安定した収入があることとなっています。職業形態や年収の高さなどは問題視されないので、アルバイトやパート、派遣社員でも利用することが可能です。一部銀行では、配偶者に収入があれば、本来は融資不可能な収入のない専業主婦でも融資してくれるところもあります。

 

このように、大手金融会社は、さまざまな状況にある方に合わせて対応しているので、不安を抱くことなく安心して申込むことができます。

 

大手金融会社を選ぶ利点

初めてであってもなくても、お金を借りるのであれば大手消費者金融や全国展開している銀行、有名なオンラインバンクなどで借りることをおすすめします。

 

大手の金融会社、例えばプロミスやアコムといった消費者金融、オリックス銀行カードローンや新生銀行レイクカードローンといった銀行カードローンなどは、知名度も高く、営業実績も長いので、非常に安定性のある金融会社といえます。加えて、大手ならではのサービスの豊富さや使い勝手の良さなど、さまざまな面で利用しやすいのも特徴です。

 

安全性と安定性の高さ

知名度が高く、長い実績を持つということは、それだけノウハウが豊富であり、利用者も多いということです。多くのサイトで多くの方が口コミや感想を書いているということもあり、情報収集がしやすいという利点があります。

 

つまり、それなりに安全な会社であるという裏づけが得やすいのです。また、顧客への対応やトラブル処理なども豊富に経験しているため、さまざまな状況への対応力も高く、サポートもしっかりしています。

 

使い勝手の良さ

大手金融会社やオンラインバンクは、全国展開していたり、コンビニや多数の他社ATMと提携しているためどこからでも利用できたりという非常に大きなメリットがあります。買い物のついでにお金を引き出したり、返済したりできるため、非常に手軽に利用できます。

 

また、一部の金融会社では、会員ページから特定の利用している銀行口座に時間帯や曜日・祝日に制限されることなく、数秒から数分でお金を振り込むことができます。つまり、従来の即日融資のように特定の時間までに審査を完了できなくても、自動契約機まで行かなくても、即日融資が可能になってきているのです。

 

返済の仕方も、口座からの自動引落としにしておけば支払いを忘れるというミスを防ぐことができ、繰り上げ返済が可能な金融会社なら返済期間の短縮、総返済額の減額も可能です。

 

サービスの豊富さ

金融会社によって違いはありますが、大手であるからこそ可能なサービスが多くあります。ほとんどの大手金融会社は、即日融資や即日審査など非常にスピーディな審査を行なっています。条件を満たす必要はあるものの、最短30分で融資してもらうことができます。

 

また上記にも書いたように、金融会社が指定している特定の銀行口座を利用していれば、条件を満たすことなく契約が完了して会員ページにログインできる状態であればすぐにお金を借りることができます。

 

こんな場合でも不安がる必要はない

不安に思うことは人それぞれですが、中には根拠のない不安や改善されている問題に気がついていないといったこともあります。余計なストレスをためないためにも、正確な情報を調べる必要があります。

 

家族や知り合いにバレるかもしれない

お金を借りるときに、家族や友人、会社の上司や同僚などに借金を知られるかもしれないと不安になるかもしれません。しかし、現在の申込み方法はインターネットで行なうのが主流です。自宅でパソコンやスマートフォンから申込み手続きから契約まで行なえるので、窓口まで行ったり、自動契約機まで行く必要性がほとんどなくなっています。

 

そのため、誰かに見られるという可能性は大幅に減っています。電話連絡などでバレるかもしれないと考える方もいますが、電話連絡でも申込者に配慮した形で連絡をしてくれます。金融会社によっては電話連絡以外で在籍確認を行なってくれるので、あまり気にする必要はありません。

 

返済できなくなったらどうしよう

返済できなくならないように、返済プランはきっちりと立てておく必要があります。しかし、それでも返済できなくなることはあります。そのような場合は、なるべく早く金融会社と連絡を取り状況を説明しましょう。ただ遅れるだけなら、いつまでに返済できるかを伝えればそれまで待ってくれます。収入が低くなった、あるいはなくなった場合でも、連絡することで何らかの措置を講じてくれることがあります。

 

とにかく連絡せずに放っておくことだけは絶対に避けるべきです。多重債務や借りすぎなどの状況で返済が困難な場合でもまだ返済できる余力があるなら、おまとめローンや借り換えローンを利用して、返済を軽くすることができます。

 

取りたては厳しいの?

昔こそかなり厳しい取り立て、時間帯を無視した電話、恫喝同然の催促など、暴力的で心身に悪影響を及ぼすようなものが横行していました。現在ではそのような行為は違法とされているので、行なわれることはありません。

 

しかし、催促自体は違法ではないので、返済が遅れるとまず電話で連絡がきます。その後、何もせずに放置するとハガキの形で督促状が送られてきます。さらに、何もしないでいると職員が自宅を訪問します。対応は穏やかなので怖がる必要はありませんが、この状態まで来るのはかなり大きな問題です。できるだけ早く支払いを行うか、理由があるなら自分から連絡したほうが余計なトラブルを防げます。

 

中小金融会社を選ぶときは気をつける必要がある

何らかの理由で、中小金融会社を選ぶ方もいるかもしれません。もちろん、大手ほどの知名度はなくとも長い実績を持つ中小消費者金融はありますし、地方銀行でもお金を貸してくれます。しかし、銀行はともかく、中小消費者金融を利用する場合は、かなり気をつける必要があります。

 

というのも、それらの中にはヤミ金や悪徳業者などが混じっていることがあるからです。大手の名を騙るものもありますが、中小消費者金融の場合は数の多さ、知名度の低さ、情報収集のしづらさなどさまざまな要因が重なり、ヤミ金にとってはいい隠れ蓑になっているのです。

 

また、最近はソフトヤミ金と呼ばれるものもあります。ヤミ金ほどひどいことはしませんが、法で定められているよりも少し高めの金利で融資しているものもあります。高金利なところなんて好きこのんで借りないと思われるかもしれませんが、審査が非常に甘く、ブラックでも借りられるため、切羽詰っている方が申込んでしまうケースが少なくないのです。

 

さらに、手数料や保証を見るためといって、お金を騙し取ったり、別の金融会社からまず借り入れをさせてそのお金を振込ませる詐欺業者もいます。そういったものに引っかかってしまうと、まずお金は戻りませんし、厳しい状況がさらに厳しくなります。

 

法外な金利を設定していたり、手数料などを騙し取ったりする悪質な業者も多いため、できるだけ大手金融会社を選んだほうが安全ですし、失敗も少ないでしょう。どうしても中小消費者金融を選ぶ必要があるなら、申込む前によく調べて、安全で信頼できるかを確認しましょう。

更新履歴